×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイトル
  鬼武者3登場人物攻略<新鬼武者>  
   青新鬼武者 DAWN OF DREAMS - 赤鬼武者3 - 紫鬼武者2 - 黄鬼武者 - TOPページ  
     
  鬼武者3第六話 復讐の子  
 
場面 攻略
 
青佐和山城地下道

直進すると分岐に骸がある。天海で話しかけると解毒剤
分岐を左に進んで左奥に佐和山城地下地図そのまま真っ直ぐ奥へ進む。

青石柱洞窟入口

右壁に鬼石。道なりに進むと石柱があるので、一人が石柱に乗り、一人が緑ボタンを踏む。
踏んだ仲間は右端の石柱に乗る。
上に上がった仲間は紫ボタンを踏んで仲間を上に上げ、その先に仕掛け宝箱烈風の魔剣
紫石柱に乗っていた仲間が上の階の緑ボタンを踏む。
一人が石柱に乗り、もう一度緑ボタンを踏む。
上昇した緑石柱の上には力石。もう一度緑ボタンを踏んで、壁にある扉から先へ進む。

青石柱洞窟扉前 破魔鏡

目の前に佐和山洞石柱覚書蒼鬼は下に下りて同じ要領で進む。天海は必ず上の階。
天海は途中骸に話して洞窟の扉の鍵を入手。蒼鬼は一番奥に秘薬(中)
天海は突き当たりの扉から先へ進む。

青佐和山城地下道

天海が梯子を下して下に行き、梯子とは反対の壁の石柱に乗り、蒼鬼が青ボタンに乗る。
天海が上がった所の骸に焔摩天杖。奥の骸に話して戦闘に勝利すると銅製の歯車を入手
石柱を下に下りる。
最初の解毒剤をくれた骸の分岐を右に進んだ所のカラクリに銅製の歯車を使って先へ。

青地下牢前 破魔鏡

弓足軽の近くの道に入り、右手に鬼薬(中)。奥の通路に進んで沢庵日誌参
突き当たりの大きい扉へ入る。

青地下牢

イベント後、ロベルトと戦闘。
勝利後、続けて一定時間刀足軽と戦闘後、島左近との戦闘。勝利後、イベントが発生。

BOSS-ロベルト BOSS-島左近
 
青佐和山城内井戸端

井戸端に秘薬(中)。お初でワイヤーを使って進む。途中沢庵日誌四
蒼鬼のいる扉の閂を外す。

青佐和山城表門前

奥の松の木の根元に化石骨。正面の門から中へ。

青佐和山城表門 破魔鏡

宝箱に兵法書。扉から中へ。

青佐和山城内1階

床に通電器具使用法一階
西扉に入り、部屋梯子で二階に上がる。お初のワイヤーで一階東扉の鍵。 中央扉へ入る。

青屏風絵の部屋 破魔鏡

横に仕掛け宝箱国崩し。奥で一階カラクリの取っ手を入手。表の昇降門左の機械に使用。

青佐和山城内2階

東扉で一階東扉の鍵使用。奥で佐和山城地図入手。二階に上って仕掛け宝箱侍の指輪
二階の昇降門前をお初で調べてカラクリ解除。反対の梯子を下りて二階中央扉の鍵入手。
二階中央扉を開けて中の右側の扉をお初で破壊する。
その部屋で二階カラクリの取っ手三成家臣覚書壱入手。
近くの梯子を上ると秘丹(中)。二階中央扉に戻り、反対の梯子を上って三階へ。

青佐和山城内3階

通路奥に三成家臣覚書壱。奥に仕掛け宝箱銀将の指輪。お初はワイヤーで向こうへ渡る。
奥の三階中央扉の鍵を入手後、昇降機を作動させて扉の中へ。

青3階中央扉前 破魔鏡

仕掛け宝箱術師の指輪お初で扉を破壊して先へ進む。

青佐和山城内3階 広間

イベント後、柳生宗矩と戦闘。勝利後、宝箱秘薬(全)入手。梯子で上の階へ。

BOSS-柳生宗矩
 
青佐和山城内3階 広間

イベント後、再び広間に戻され、大暗震手と戦闘。勝利後、強制的に駿河の宿へ。。

BOSS-大暗震手
 
青駿河の宿 破魔鏡

準備が整ったら宿の出口を調べて、第七話へ。

 
←前                                                 次→
 
     
鬼武者、カプコン、スクウェアエニックス、コナミ、攻略、ニンテンドーDS、バイオハザード、PS3、無料、XBOX360、プレイステーション、PSP、アクション、RPG、オンラインゲーム
WindowsXP SP2 IE6.0  1024×728 FlashPlayer JavaScript 推奨。
当サイトは(株)CAPCOMより発売されている戦国アクションゲーム『鬼武者』シリーズの攻略、兼ファンサイトです。
当サイトの表示は一部ブラウザ(NetScapeなど)では保証しておりません。
ゲームに関する権利は(株)CAPCOMを中心とした企業が保有しております。
当サイトの攻略情報などについて該当企業より権利侵害などの警告を受けた場合には直ちに当サイトの該当箇所を訂正または削除いたします。
また、当サイトにおける文章とデザインは一部を除いて全て管理人@takeshiが保有しており、これを無断転載、改変することを一切禁止します。
 

鬼武者 鬼神ノ攻略書©All right reserved.